Wolfram言語

  • 地図上に,値の大きさに従ってスケールされたバブルとして値を表示する »
  • 滑らかに変化する色密度を使って点の分布を表示する »
  • ベクトル場を離散ベクトルとして地球上にプロットする »
  • 連続的な流線を使って,地球上にベクトル場を表示する »
  • より多くの情報を表示するために,任意のコンテンツをバブルとして使う »
  • 密度を表示する色や不透明度のスケールをカスタマイズする
  • ベクトルや流線に対して,さまざまな組込みのマーカーを使う »
  • 可視化を特定の国や地域に簡単に限定する »
  • 多様な地図投影法を使って地図を作成する »
  • 月や他の惑星の特徴をプロットする

関連する例

関連関数

関連するガイド

12の新機能の関連項目

de en es fr pt-br zh