工学のための産業ソリューション

New In Eight

制御系

制御系を構築,分析したり,設計について決定したことを記録したり,インタラクティブに制御装置を検証したりといった作業をすべて単一システムの中で行うことができます.
Mathematica の制御系ソリューションの基礎になっているのは,任意精度の数値計算,高性能の記号計算,高度な可視化,およびアルゴリズムの自動選択の機能を搭載した強力な記号と数値の計算用のハイブリッドエンジンであり,これらの機能すべてによって,正確な結果を効率的に得ることができます.Mathematica ソリューションは,アイディアを検証し,新しい系を効率的に設計するのに理想的なものです.
状態空間モデルあるは伝達関数モデルの応答のシミュレーションを行う
減衰のさまざまな値についての二次系のステップ応答
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
  • Mathematica には,計算,モデル作成,可視化,開発,配備のための何千もの組込み関数が含まれています. »

  • 制御系に特有の機能:
  • 自然形式で状態空間モデルと伝達関数モデルを指定し,1つの形式から別の形式に簡単に変換を行う
  • 微分方程式や差分方程式で記述される系の線形の状態空間モデルを得る
  • 広範囲に渡るアルゴリズムを使って連続時間と離散時間のモデル間で自由に変換する
  • 一部分を選択,削除したり,一連のシステムを次々に繋げたり,部分システムの相互接続を構築したりといったシステム操作を行う
  • ボード(Bode)線図,ナイキスト(Nyquist)プロット,ニコルス(Nichols)線図,特異値プロットを中心に展開された周波数応答ツールを使って,系の分析と設計を行う
  • 状態空間モデルを分析し,カルマン(Kalman),Jordan,平衡等さまざまな形式の実現間で変換を行う
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
  • 微分方程式や差分方程式で表される系の状態空間モデルを計算する
  • 組込みの周波数応答ツールを使ったり,極を計算したり,リャプノフ方程式を解いたりして,系の安定性を分析する
  • ブロック図の簡略化を使って,相互接続した部分を持つ系のモデルを簡略化する
  • 線形モデルを伝達関数あるいは状態空間のオブジェクトとして操作する
  • パラメータを変化させて系の動作をインタラクティブに分析する
  • ボード(Bode)線図,ナイキスト(Nyquist)プロット,ニコルス(Nichols)線図,根軌跡プロット等の古典的な技法を使って,制御系を分析,設計する
  • 系の可制御性と可観測性の特性を評価する
  • 状態空間変換を計算して,可制御,可観測,最低,平衡のいずれかである分解を得る
  • 分析と設計のために,離散時間系に相当する連続時間系を得る
  • 力学系の性能をよくするフィードバック法則を開発する
  • 未測定の状態あるいはノイズのある測定を推測する
  • さらにシミュレーションを行うための閉ループ系を形成するために,簡単に組み立てることができる制御装置と推定器のモデルを直接得る
  • リアルタイム実装のための連続時間フィードバックアルゴリズムを離散化する
  • 次へ:
    主な機能

オンラインまたはオンサイトの技術デモ

Mathematica が仕事にどのように役立つかを直接体験できます.

ユーザ体験談
「飛行経路の生成とそれに関連する統計がこのような非常に小さいパッケージで統合できるなんて,驚きます.」
Mike Ulrey
ボーイング社,先進航空交通管理部
「工学や数学のソフトウェアは,他のプログラミング言語で通常作成されるような作り方で作られてはならないと思います.Mathematica はずっと奥深く,多大な可能性を秘めています.」
Yves Papegay
フランス国立情報学自動制御研究所(INRIA)
Mathematica がなかったら,私のパフォーマンスは低下してしまいます.」
Bruce Colletti
防衛関連請負企業コンサルタント

ビデオ

Wolframテクノロジーが業種を超えて提供できることをご覧ください.
チャンネルをブラウズ»

専門家によるトレーニング

専門家チームから直接Wolframテクノロジーが学べます.
すべてのトレーニングオプションを見る»

製品

Wolframはすべての産業分野向けのツールとサービスをご用意しています.
製品をブラウズ»

ご質問

Wolframのエキスパートがすべてのご質問にお答えします.

こちらからご連絡ください»



Select Language: eneszh