デジタル画像解析システムのための産業ソリューション

画像処理

数行のコードや方程式への画像のドラッグアンドドロップ,高度な画像処理アルゴリズムの適用,解析,可視化,インタラクティブなアプリケーションの生成を行います.これらの作業すべてが単一のシステムの中で統合されたワークフローで行われます.
Mathematica の画像処理ソリューションは, Mathematica の信頼できる記号およびアルゴリズムの機能に,最先端の組込み画像処理関数,データの容易なインポート,インタラクティブなインターフェース等の特殊な機能をシームレスに統合します.
高度に最適化されたフィルタを使って近傍処理を行う
色画像を二次導関数フィルタでたたみ込み,輪郭を強調する
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
  • Mathematica を現在お使いのツールと比べてください.Mathematica には以下のような利点があります.

  • 完全な画像処理ワークフローのための組込みの機能性
    競合他社製品:Matlabでは画像処理を行うために別料金のツールボックスが複数必要
  • 容易に画像を操作・解析することができるインタラクティブなインターフェースの自動構築
    競合他社製品:Mathematica 特有の機能
  • 便利なドラッグアンドドロップで画像を直接入力ラインに入れ,画像処理アルゴリズムを適用する
    競合他社製品:Mathematica 特有の機能
  • もとの画像の解像度に依存しないアプリケーションのインターフェース.64ビットまでならコードを変えなくても解像度を簡単に変更できる
    競合他社製品:Matlabでは画像の解像度を変更するためにコードを修正することが必要
  • インタラクティブで視覚的なワークフローのための統合環境
    競合他社製品:C,C++,およびその他の言語では,画像を可視化したり処理したりするために,グラフィックスのウィンドウとテキスト入力の間を行ったり来たりすることが必要
  • 画像処理の枠組みが Mathematica のコアとなるシステム,および地理情報システム(GIS)や統計等の20を超える組込みの応用分野にしっかり統合されている
  • 次へ:
    使用方法
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
  • 指紋,虹彩パターン,顔や耳の画像,網膜走査等のバイオメトリック入力を処理したり解析したりする
  • 環境アプリケーションのために衛星画像を処理して,水塊の大きさ,植生やその他の土地被覆の存在と場所等を見極める
  • 画像を地理情報システム(GIS)やジオデータベース用にアーチファクトを含まない信頼できるデータに変換する
  • 医用画像を処理したり解析したりする
  • 農地利用のために航空写真の画質を高めたり修復したりする
  • 材料や構造物の疲労亀裂の発生を認識する
  • 衛星データのデジタル画像処理を使って土地被覆の地図を作成する
  • 環境研究用のリモートセンシングのデータを解析する
  • コンピュータビジョンのアプリケーション用の情景再構成,事象検知,トラッキング,物体認識,学習,インデキシング,動き推定
  • ロボットビジョンアプリケーション用の空間および周波数の領域のフィルタリング,強度変換,パターン認識等
  • 金属組織解析,半導体の検査,検証,測定の処理,およびその他の工業用画像タスク
  • 次へ:
    主な機能
Get Started with Mathematica
MATHEMATICA を使い始める
例を見る

無料セミナー

新世代の強力な画像処理機能

ユーザ体験談
Mathematica を使うと異なる種類の画像アルゴリズムを統合・評価するのが簡単になります」
Richard Scott
CDx Laboratories

ビデオ

Wolframテクノロジーが業種を超えて提供できることをご覧ください.
チャンネルをブラウズ»

専門家によるトレーニング

専門家チームから直接Wolframテクノロジーが学べます.
すべてのトレーニングオプションを見る»

製品

Wolframはすべての産業分野向けのツールとサービスをご用意しています.
製品をブラウズ»

ご質問

Wolframのエキスパートがすべてのご質問にお答えします.

こちらからご連絡ください»



Select Language: eneszh