将来の治療の核心で:血圧の研究における Mathematica の役割

メイヨクリニック,麻酔科医,Tim Shine

This page requires that JavaScript be enabled in your browser.
Learn how »

Mathematica の強み
  • 複雑な生理学的データを簡単にインポートする
  • 複数の実験を一度に効率的に実行する
  • 新しいユーザに親しみやすい環境と完全なレファレンスガイドを提供する
Mathematica の可視化機能は,私が医師として教わった方法に非常にうまく合致すると思います.我々は図を見たり,絵を見たりします.頭の中に概念があって,我々は Mathematica を利用してこれまでよりずっと高い確度と精度にその概念をフィットさせようとしているところなのです.」

チャレンジ

医師であるTim Shine氏は,血圧曲線についての複雑な生理学的データによいフィットを作成するために,パラメータを定義したり操作したりする必要がありました.

解決方法

氏は,プログラミングや数学の専門家ではないにもかかわらず,Mathematica を使って成功を収めています.Shine氏は,Mathematica についてこう言っています.「(Mathematica は)簡単に使えるので,すぐに使ってみることができました.この環境に自分の疑問を持ち込めるというのは,非常に満足のいくことです.自分のデータが本当は何を示しているのかということについて理解する自分の能力を広げてくれますからね.」

利点

Manipulateコマンドを使うと,曲線を理論的状況にフィットするように調節することができ,しかもすぐに何度も違った実験を行ってみることができます.我々が行っていることに確度と精度を加えてくれるんですよ」とShine氏は語ります. Shine氏は自分のモデルが弾力性指数を示すものとなるように願っています.


詳細:


Select Language: enes