見えない関連性の探求:Mathematica で統合されたシステムを構築

ポツダム大学,地球物理学教授,Frank Scherbaum

This page requires that JavaScript be enabled in your browser.
Learn how »

Mathematica の強み
  • ドキュメントを書いたり管理したりするための強力なツールのパッケージが含まれている
  • 統合された開発環境を提供する
  • インタラクティブなアニメーション機能でプログラミングの方法が劇的に拡張されている
「この素晴らしいグラフィックス機能と一緒に数値計算も記号計算も使える,その上今ではプログラムを作成するのに動的機能も使えるんですから,これを使わない手はありませんよ.私の教授としての仕事もずっと楽になりますから.」

概要

Mathematica は,Frank Scherbaum氏が地震危険度解析の研究において長年使ってきたツールです.Scherbaum氏はこれまでに,自らの地球物理・地震研究のために,多数のインタラクティブなチュートリアルやデモンストレーションの他に700を超える関数を開発してきました.

現在,氏は Mathematica のパワフルなドキュメントツールを使って自らの研究成果すべてを1つの統合されたシステムに接続し,学生,教師,研究者が確率論的地震危険度解析で使用するために配信できるようにしようとしています.

「すべてが一体化され,すべてが一貫するようにすべてを1ヵ所にまとめられるというのは大きなメリットだと思います.こうすれば学びたいことに焦点を当てて,自分の学びたい方法でプログラムが学べますから」と氏は語っています.


詳細:
共有する 電子メール 埋め込む

関連体験談

体験談をお寄せください

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enes