エネルギー分析の新しいアプローチ:エネルギー節約ソリューションを促進する Mathematica の役割

Agilis Energy, LLC,創立者,CEO兼CTO,Joseph Hirl

この内容を表示するためにはJavaScriptとAdobe Flash Player 10以降が必要です.JavaScriptやFlashを無効にしてブラウザをご利用の場合は,それらを有効にしてください.あるいは,無料のFlash Playerの最新版をインストールしてください.
Mathematica の強み
  • 柔軟なプログラミング言語と統合された特殊機能により,迅速な開発が可能
  • インポートしたデータと組込みの計算可能データを組み合わせ,詳しい分析と可視化を実行することが簡単にできる
  • 動的な結果を配信するためのさまざまな配備オプションを提供
「私たちは商業・工業用の建物について最大のデータを所有するようになりたいと思っています.そして Mathematica を使って究極の製品を表現し,数量化し,配信するのです.」

チャレンジ

Agilis Energy創立者のJoseph Hirl氏は,工学,リスク管理,商業用不動産の分野での経験を生かして,ビルの所有者がエネルギーの消費と出費を抑えることができるよう手助けをする,新しいサービスを開始しました.クライアントのビルに設置してある,電気・ガスのスマートメータから引き出す高インターバルデータを完全に理解するために,Hirl氏には,非常に大量のデータ(1つのスマートメータで1年間に3万5千以上のデータ点を生成)が扱えるだけでなく,それを操作して可視化することのできるシステムが必要でした.そこで Mathematica が登場し,エネルギー分析の新しいアプローチが生まれたのです.

解決方法

Hirl氏は Mathematica とその他のWolframテクノロジーを使って,動的なエネルギー分析アプリケーションを開発しました.このアプリケーションは,建物の性能の全体像を捉え,操作変更をした場合の影響を測定し,結果を数量化するというものです.ツールの開発およびAgilis社における Mathematica の役割について,氏は次のように述べています.「Mathematica の柔軟性は驚くほどです.少人数のスタッフでこのプログラムが開発できたことによって,しっかりした事業を築くことができました.」

Agilisのツールはまず,インポートしたスマートメータのデータの他,Mathematica の組込みのWeatherDataを含むデータストリームを利用します.次に,高度な統計および動的可視化機能を適用し,Hirl氏が「建物のMRI」と呼んでいる,建物のエネルギー使用量,需要のシミュレーション,および予想と基準評価のツールを含む動的インターフェースを生成します.

利点

Hirl氏は分析結果をクライアントに知らせる鍵は豊かな可視化機能だと言っています.「クライアントが見たいものは図表なんです.それなら浮き沈みが理解できますから.」その後Hirl氏のチームはアプリケーションを使って,効果的な操作変更を実行します.氏によると,氏のクライアントは設備投資をしなくても,通常年間10〜20%(最高で40%)の節約に成功しているということです.

Mathematica ベースのツールをCDFとして配備する等,さまざま方法で配備できるということで,Agilis Energyは急速にクライアントベースを拡大することもできました.そのシステムは,3年間で,世界中の少なくとも12の産業分野の800以上の場所で使われるようになりました.


詳細

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enes