成功への道:Mathematica を大学のカリキュラムに組み込む

ロアノークカレッジ,Chris Lee

この内容を表示するためにはJavaScriptとAdobe Flash Player 10以降が必要です.JavaScriptやFlashを無効にしてブラウザをご利用の場合は,それらを有効にしてください.あるいは,無料のFlash Playerの最新版をインストールしてください.
Mathematica の強み
  • 授業をインタラクティブにする高度なインターフェースを自動的に作成
  • Mathematica の使い方が速く学べる無料リソース
  • 300以上の Mathematica コマンドにポイントアンドクリックでアクセスできるアシスタントパレット
「私の経験から,Mathematica はもっと早い時期から学校で使うべきツールだと思います.問題は『使うべきか』ではなく『いつから使うか』です.使い始めるのが早ければ早いほど,その効果が大きくなると思います.」

概要

ロアノークカレッジの数学科では,学科内のカリキュラム全体を通して Mathematica を使うようにしています.Chris Lee准教授は,この取組みは素晴らしい効果を上げており,その成功の秘密は初日から学生に Mathematica を使わせることにあると言っています.

「学生は問題の解決過程により気を配るようになっています.概念をよく覚えているのです.ずっと Mathematica を使うことで使い慣れてきて,解決方法や問題を可視化することがどれほど役に立っているかが分かっているからだと思います.」


詳細:

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enes