電力市場再編のモデル化に Mathematica を利用

チャレンジ

複雑な電力市場の自由化による影響を探究すること.

解決方法

Mathematica を使って系統データを可視化・解析し,主要電力市場を再編成する最適な方法を見付ける.

利点

  • 多数の市場関係者による戦略的意思決定が可能
  • 電力潮流モデルや経済市場モデル等のスケールおよび再利用が可能な一貫したモデルの構築
  • 大規模なデータベースの迅速な探究とインタラクティブな解析

Mathematica の強み

  • 新しいデータタイプおよびその相互作用の正式な定義が容易に
  • ノートブック形式は,プロフェッショナルなプレゼンテーション環境としても利用可
  • Live3Dを使い,完全にプログラム可能でインタラクティブなグラフィックスをWebに配備
Mathematica の統合開発環境は,実世界のこの「将来のシステム」の複雑性を徹底的に研究し,分析と意思決定に役立つ情報を提供することを可能にするという点で有益である」

絶えず増大する電力需要の中,多くの人がカリフォルニア州の電力危機を思い起こし,世界の主要都市で起る季節毎の電力不足に注目しています.消費者,投資家,政策立案者,社会全体にとって,電力産業の再編成は引き続き重要な話題となっています.

電力自由化の影響を研究する

アルゴンヌ国立研究所(米国)の研究者たちは,最終的なシステムの実現を助けるためにこの問題の解決策を調査・研究しており,それに Mathematica を多用しています.アルゴンヌでは Mathematica を利用し,ある主要な電力市場において提案されている電力自由化の制約と影響をモデル化しました.このモデル化は,電力網の重要なパラメータおよび自由化により起り得る影響についてのエージェントベースのシミュレーションモデルを開発して行いました.

Mathematica を利用することで,研究者たちは電力系統は電力自由化によりどのようになるのか,送電容量は適切かどうか,送電混雑が生じる可能性があるとしたら1年のどの時期か,地域的な電力需給の不均衡を引き起こす可能性のある,電力網への送電制約はどのようにしたら避けられるか,そのような不均衡は市場力のひずみを生み出したり,電力の地点別限界価格を潜在的に引き上げたりすることになるかどうかというような問題を考慮することができます.

Mathematica の利点

アルゴンヌ国立研究所決定情報科学部のシニアシステムエンジニアであり主任のCharles Macal氏は,「Mathematica の統合開発環境は,実世界のこの「将来のシステム」の複雑性を徹底的に研究し,分析と意思決定に役立つ情報を提供することを可能にするという点で有益である」と述べています.

アルゴンヌ国立研究所では,Mathematica ベースのWebアプリケーションであるLiveGraphics3Dを使い,結果をWeb上で簡単に公開することのできる高画質のインタラクティブなグラフィックスに変換しています.


詳細:
共有する 電子メール 埋め込む

関連体験談

体験談をお寄せください

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enes