当然の選択:天然資源研究における Mathematica の役割

イリノイ州立水質調査所,水文地質学者,Yu-Feng Lin

This page requires that JavaScript be enabled in your browser.
Learn how »

Mathematica の強み
  • 正確な地理空間情報と計算の基盤を提供する
  • 強力な計算パワーへのアクセスを可能にする
  • すぐに使えるモデルを短時間で構築し,パワフルなManipulateコマンドを使った制御や値の変更を可能にする
「地下水の涵養と湧出は非常に複雑なシステムなので,通常なら結果を得るのに数年かかります.それが Mathematica なら数日間で得られます.」

チャレンジ

米国イリノイ州立水質調査所(Illinois State Water Survey)の水文地質学者であるYu-Feng Lin氏は,科学者や政策立案者のために地下水の涵養と湧出が素早く推測できるようなツールを開発する必要がありました.

解決方法

氏はこの複雑なプロジェクトを遂行するためのツールとして Mathematica を使っています.「Mathematica の計算パワーと結果の可視化機能は,本当に役に立っています」と氏は述べています.Lin氏によると,Mathematica を使うと,さまざまなソースからの地理空間データを簡単にインポート,結合,計算することができるため,チームのメンバーがそのデータの解析に専門家レベルの知識を使うことができるということです.

利点

1つの環境にこのような機能がすべて備わっている Mathematica は,Lin氏のプロジェクトに取り組むための明らかなソリューションとなっています.「計算パワーと画像処理機能も加わった可視化ツールの組合せ,この組合せこそがこのプロジェクトで私たちが求めているものの中の重要な点なのです.それぞれの機能をそれぞれうまくこなすソフトウェアを見付けることはできますからね.私たちはそれらの機能をまとめて行える Mathematica の性能が非常に気に入っています.」


詳細:
共有する 電子メール 埋め込む

関連体験談

体験談をお寄せください


Select Language: enes