インターフェースの内側:Mathematica で検索を最適化

BondDesk Group LLC,Joel Drouillard

This page requires that JavaScript be enabled in your browser.
Learn how »

Mathematica の強み
  • DatabaseLink ですべての標準SQLデータベースに高レベルなインターフェースを提供
  • データの計算および解析のすべての面をサポートする,高度に統合されたシステムを装備
  • 高品質で,完全にインタラクティブなデータの可視化を生成
Mathematica に換えて一番よかったと思うことの一つに,すべてをループにしなくてもベクトルや集合で操作できるという点があります.今まで数日あるいは数時間かかった質問に数分で答えられるようになったという点で,私にとっては画期的なことなのです.」

チャレンジ

BondDesk Group LLCのリサーチアナリストであるJoel Drouillard氏は,クライアントが確定利付証券を検索するために,同社のプラットフォームをどのように利用しているかを分析しています.氏は最近,検索の一定の特性を分析するためにインターフェースのさらに奥深い部分にまで入り込んで行く必要がありました.

解決方法

Mathematica とデータベース管理システムが簡単に統合できる,非常に強力な Mathematica アプリケーションの DatabaseLink を使うと,BondDeskのクリックデータすべてが簡単に読み出せるのです.Mathematica に一旦データを取り込んだら,数値・記号計算およびデータ処理のための Mathematica の多数の関数を使い,クライアントの検索動作を分析・可視化することができます.「Mathematica が提供する,データを構造化するするためのツールは非常に役立っています.視覚的にも大きな前進です」と氏は語っています.

利点

「データ操作に対する Mathematica の統合したアプローチにより,我が社のインターフェースにおける検索行動をよりよく捉え,質問に答えることやシステムを最適化することにもっと集中できるんです.

Mathematica に換えて一番よかったと思うことの一つに,すべてをループにしなくてもベクトルとか集合で操作できるという点があります.これは今では数日,数時間ではなく,数分で質問に答えられるようになったという点で私にとっては画期的なことなのです」とDrouillard氏は述べています.


詳細:


Select Language: enes