癌予防の新たな視点:Mathematica を使った精密な診断

CDx Laboratories,Richard Scott

This content requires JavaScript and Adobe Flash Player 10 or higher. If you are using a browser with JavaScript or Flash disabled, please enable them now. Otherwise, please install the latest version of the free Flash Player.
Mathematica の強み
  • より正確な診断を可能にする
  • 癌の前駆病変の特定にかかる時間を短縮する
  • デジタルの細胞スキャンを評価するためのより高画質のグラフィックスを提供する
Mathematica は非常に役に立ちました...設定も簡単で,いろいろなことができる多くの興味深い規則を見付けることができました...私はこの種の距離変換が可能だとは思っていませんでした.」

概要

Richard Scott氏は,CDx Laboratoriesで画像処理を担当しています.CDxは癌の早期発見のためのコンピュータを使った細胞分析を専門とする病理学研究所です.Mathematica は患者の異常細胞を素早く特定し,より確定的な診断を提供するための新たなコンピュータプログラムを開発する際の主要ツールでした.

Scott氏は,「Mathematica を使うと異なる種類の画像アルゴリズムを統合・評価するのが簡単になります」と語っています.


詳細:

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enes