インタラクティブな体験:Mathematica を使って数学を教える

ワラワラコミュニティカレッジ,Eric Schulz

この内容を表示するためにはJavaScriptとAdobe Flash Player 10以降が必要です.JavaScriptやFlashを無効にしてブラウザをご利用の場合は,それらを有効にしてください.あるいは,無料のFlash Playerの最新版をインストールしてください.
Mathematica の強み
  • 洞察的な3Dモデルを作成するためのパワフルなグラフィックス関数を含んでいる
  • テキスト,計算,インタラクティブな可視化を入れることのできるプロフェッショナル品質のドキュメントを作成する
  • 柔軟性のある構造化された教材を作成するための開発環境を提供する
「表面上は Mathematica と同じようなツールもありますが,Mathematica の幅広さ,深さ,美しさ,一貫性に匹敵するものはまだ見たことがありません.」

概要

ワラワラ・コミュニティー・カレッジの数学教師であるEric Schulz氏にとって,授業と Mathematica を切り離して考えることはできません.「Mathematica は新規ユーザの予想を超えるものです.ただの計算機でもなければ入力と出力だけのものでもない.自分自身を表現することのできるツールなのです.私は講義の内容やプリントはもちろんのこと,何でも Mathematica を使って書いています」とSchulz氏は述べています.

Schulz氏は Mathematica で動的インターフェースを作成し,授業すべてがより視覚に訴えるような努力もしています.「私はいつも概念を視覚的に説明する方法を考えているのです.教室にはその方が分かりやすいと思う学生もいますからね.その後,それをフォローする形で分析的に教えることができます.」


詳細:


Select Language: enes