インタラクティブ機能とインターフェース設計

Mathematica を使うと簡単なツールバーから複雑なアプリケーションまで,ユーザインターフェースの開発と配備が簡単にできます.Mathematica はインターフェースの自動構築,記号的に定められたコントロール要素,一般化された入力等により,高度なユーザインターフェース開発において高度に自動化され合理化されたワークフローを提供します.


インタラクティブコンテンツの共有

CDFと CDF Player を使うと,内在する計算の深さやスコープにかかわらず,動的なリアルタイムの計算と可視化を読者に届けることができます

一般化された入力

ユーザインターフェースコントロールは,どのような Mathematica 式を含むことも,表示することもできます.Mathematica の柔軟なテキスト入力フィールドには画像,グラフィックス,2D表記での慣用形式の数式,Mathematica プログラム全体を入力し,編集することができます.

完全にカスタマイズ可能なコントロール

Mathematica にはすべての標準的なコントロールやインターフェース要素だけでなく,2Dロケーター,アニメーター,ゲージ,任意のタイプセットテキスト・グラフィックス・その他の式を取る一般化された入力フィールド,カスタマイズされた新しいコントロールを作成する機能も含まれています.
完全にカスタマイズ可能なコントロール

HID(ヒューマンインターフェースデバイス)

Mathematica では,外部コントローラや入力デバイスを使ってすぐにユーザインターフェース,3Dグラフィックス等が制御できます.ゲームパッド,ジョイスティック,触覚装置,3Dマウス,その他のHIDシステムの認識と設定は自動で行われ,プラットフォームに依存しません.

即座に実行可能なインタラクティブ操作

Mathematica はManipulateコマンド一つで,あらゆる計算を即座にインタラクティブなアプリケーションに変換します.これにより結果,グラフィックス,任意の Mathematica 式をより詳細に調べることができます.Manipulateはマウスとキーボードによる入力の他,ゲームパッド等の他のデバイスも自動的にサポートします.
即座に実行可能なインタラクティブ操作

動的インタラクティブ機能言語

Mathematica のパワフルな動的言語プリミティブは,変数の値をコントロール,グラフィックス,その他の式の設定や外観に関連付けます.Mathematica は効率的に依存関係を追跡し,自動的に変数を更新します.
動的インタラクティブ機能言語

自動的にプラットフォーム非依存

Mathematica では,任意のプラットフォーム上で余分なプログラミングなしでネイティブにコントロールが描画されるため,どのオペレーティングシステムで実行するのかということを心配せずに自由にグラフィカルアプリケーションを共有することができます.

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enespt-brzhru