Wolfram Finance Platformの新機能


Wolfram言語の最新バージョンに基づいたWolfram Finance Platform 2.5は,機械学習,統計,計算,データの可視化等の主要分野において機能が向上しています.

Finance Platformの主な新機能には以下のようなものがあります.

向上した機械学習の機能

Wolfram Finance Platformでは機械学習機能が拡張され,向上しています.新しい関数によって,特徴の抽出,次元削減,データのクラスタ化,ハイパーパラメータの最適化,解釈可能モデルの取得が簡単になりました.CUDAにより加速されるトレーニングを使うことで,大規模なデータ集合での機械学習が実践可能になりました.

Wolfram言語の新機能:向上した機械学習の機能 »
ドキュメント:機械学習 »

時系列と信号処理

機能の向上によって,月ごとのような自然な指定で窓に関数を適用したり,時間についての結果の値を配置する際により細かく制御したりすることが可能になりました.日付と数量のサポートがより完全で自然なものとなっています.

Wolfram言語の新機能:時系列の処理 »
ドキュメント:信号処理 »
ドキュメント:時系列の処理 »
ドキュメント:時系列過程 »

統計

新しい統計分布,システム全体を通じての通貨単位のサポート,仮説検定,母数推定,サンプリングにおけるさまざまな機能の向上を備え,Wolframの統計フレームワークはより強力で高速になり,使いやすくなりました.

Wolfram言語の新機能:拡張された確率と統計の機能 »
Wolfram言語の新機能:ランダム行列 »

向上した可視化機能

多次元データ,テキストデータ,タイムラインを可視化する新しい機能によって,矩形以外の領域についてもラベル付けやプロットが可能になり,説得力のある奥深いプロットがこれまでよりも簡単に作成できるようになりました.

Wolfram言語の新機能:ラベル,スケール,除外 »
Wolfram言語の新機能:立体の可視化 »
ドキュメント:ラベル »
ドキュメント:Exclusions »

向上した数学計算

偏微分方程式の数値解法に事象,感度計算の他,新しい境界条件のタイプや偏微分方程式の向上した複素数値解法も含まれるようになりました.

Wolfram言語の新機能:偏微分方程式 »
Wolfram言語の新機能:微分固有系 »
ドキュメント:偏微分方程式 »

テキストの処理

複数の言語や文字集合を扱うためのツールが備わったため,構造化されたテキスト,構造化されていないテキスト,セマンティックテキストの高度な処理や解析が可能になりました.

Wolfram言語の新機能:テキストと言語の処理 »
ドキュメント:テキスト解析 »

知識ベース

Wolfram Knowledgebaseを使うと,より速くより便利に世界の計算可能データにアクセスできます.データはカスタムの実体や自分のデータで拡張することができるようになりました.Federal Reserve Economic Data等の新しいデータ集合も含まれています.

Wolfram言語の新機能:Knowledgebaseの拡張 »
ドキュメント:知識の表現と利用 »
ドキュメント:EntityStore »

ネットワーク通信

新しいWolfram Cloud通信プロトコルにより,セッション間の非同期通信を簡単にする,より抽象化されたスケーラブルな通信システムが可能になりました.

Wolfram言語の新機能:チャネルフレームワーク »
Wolfram言語の新機能:クラウドおよびWebのインターフェース »
ドキュメント:チャネルベースの通信 »
以前のバージョンで導入された機能を見る »


endeespt-brzhruko