Wolfram言語

  • 任意のスケーリング関数を,任意次元の等高線プロット,密度プロット,曲面プロット,離散プロットに適用する.»
  • プロットの設定はスケーリング関数に基づいて自動的に調整される.
  • 積重ねプロットとパーセンタイルプロットのレイアウトを使って,データの集合が全体とどのような関係にあるかを見る.»
  • 共有軸を持つプロットの格子を作成し,個々の成分を読み取りやすくする.»
  • 格子内の任意のプロットの配置が改善された.»
  • さまざまな不確かさの表現を使ってプロットとグラフにエラーバーを加える.»
  • 不確実な値を,棒,帯,あるいは楕円として描画する.»
  • 改善されたマーカーを使って,点,ベクトル,流線のスタイリングが簡単になった.»

関連する例

関連関数

関連するガイド

12の新機能の関連項目

en