Wolfram言語

地理ベクトルデータ

Wolfram言語は,位置データおよびスカラーデータの他,複数のフレームで地理ベクトルデータをネイティブでサポートし,関連する地理変換を自動的に処理するようになった.これによって,速度や風向ベクトル,重力場と磁場,その他多数の重要なベクトルの大きさを扱うことが可能になった.

指定された場所の指定された日付の風向ベクトル情報をダウンロードする.結果には場所,風速,風向が含まれる.

地図上で風向を表す.

任意の地図投影法の任意の地図で,同じ局所的な風向ベクトルを表す.

関連する例

en