Wolfram言語

ノートブックをプレゼンテーションに使う

以前からノートブックインターフェースは何らかの形式でスライドショーをサポートしてきたが,バージョン12でこれまでのシステムが大きく更新された.

新規のスライドショーは,ファイル 新規作成 プレゼンテーションノートブック...のメニュー項目を使って作成できる.

いくつかのテーマがプレゼンテーション用に用意されている.

さらにインターフェースは,フォントと色集合をオーバーライドしてテーマをカスタマイズすることも可能にする.

結果のノートブックには,編集とプレゼンテーションに便利なオプションのツールバーが含まれる.

例えば,予期されるプロジェクタの解像度に従ってノートブックのスケールを変更し,プレゼンテーションを表示してみることができる.

プレゼンテーション用にサムネイルのパレットを表示させる.

フォントサイズと画像は,ウィンドウサイズに応答して変更される.

サイドノートのセルを加えることができる.セルはプレゼンテーション中は不可視になる.

プレゼンテーション中に別のスクリーン上で,サイドノートパレットを使ってサイドノートを見ることは可能である.

プレゼンテーション中に,サイドコードセルに入力をペーストすることができる.パレットのサイドコードを左クリックすると入力がペーストされ,右クリックすると入力がペーストされた上で評価される.

関連する例

en