Wolfram言語

河川やその他の実体間の関係をプロットする

"River"実体は,主な河川の流れや流出量だけでなく,他の水域との関係や橋のように河川を横断するものについての有益な情報も提供する.このデータを使って川の流れと川幅についてのおもしろい可視化を行うことができる.

ミシシッピ川に注ぎ込む有名な河川の陰的な実体クラスを構築することができる.

次に,FilteredEntityClassを使って,これらの川のいずれかにかかっていて,その位置がWolfram Knowledgebaseから得られる有名な橋を探す.

最後に,GeoRegionValuePlotを使い,川の全長を重みとして,これらの河川の位置を地図に写す.結果の可視化は,多くの川の経路だけでなく,メキシコ湾に開いた河口が近付くにつれてミシシッピ川の川幅が広がる様子をほぼなぞっている.

関連する例

en