Wolfram言語

実体クラスを組み合せる

バージョン12では,条件を満たすクラス1とクラス2の帰属実体を組み合せることで実体の2つのクラスを組み合せるCombinedEntityClassが加わった.結果のクラスの実体は両方のクラスの特性を持つ.

"Language"実体とその言語が公式に話されているヨーロッパの"Country"実体を組み合せてみよう.

SampledEntityClassを使うとこのクラスのスライスを表すことができる.

帰属実体のいくつかを見てみる.

特性は"Country"特性と"Language"特性の和集合である.

国と言語のペアに"Guten Tag"と挨拶できるところというフィルタをかける.

ExtendedEntityClassを使って理解される可能性を示す特性を導入する.

可能性の地図を作る.

関連する例

en