Wolfram言語

星団を使って銀河構造を調べる

星団は,比較的新しくランダムな星団である散開星団と,ほぼ球形に分布した通常は古い星団である球状星団に分けられる.

基準点として,太陽に対する銀河系の中心の位置を尋ねる.

同様にして,さまざまな星団の位置を得る必要がある.

グラフィックスでフィット・プロットするために,さまざまな数量の大きさだけを光年で得る.

散開星団は銀河円盤/平面上に見付かるので,散開星団の座標を使ってこれを平面にフィットする.

関連する例

en