Wolfram言語

パルサーを聴く

パルサーは,磁気軸が回転軸に対して傾いている,高度に磁化された高速回転する恒星の残存物である.極からシンクロトロン放射が放出され,パルサーが回転するとき宇宙のこの放射線ビームを一掃する.このビームが地球の近くを移動すると放射線パルスが見える.以下のパルサーのイラストでは,放射線ビームを紫で示し,青い曲面は架空の双極子の磁場の平均ベクトルの強度を示している.

完全なWolfram言語入力を表示する

パルサーはさまざまなスピードで回転する.パルサーの極からの放射線が地球の近くを移動するたび,パルスが検出できる.これらの各パルスをサウンドに変換すると,パルサーを「聞く」ことでそのスピードを感じることができる.

すべてのパルサーのパルス幅が分かっているわけではないので,その場合は3msを割り当てる.

新しいパルサーは回転が速いことが多い.

古いパルサーは年を重ねるごとに回転が遅くなるため,パルス率が遅い.

関連する例

en