Wolfram言語

リモートシステムでニューラルネットワークを訓練する

RemoteConnectを使うと,リモートマシンとの接続を確立し,プログラムでインタラクトすることができる.この例ではスクリプトを起動し,より機能の充実したコンピュータでニューラルネットワークを訓練する.

リモートマシンに接続する.

リモートマシン上でWolfram言語のスクリプトを作成し,ニューラルネットワークの訓練を実行する.

#!wolframscript data=Flatten@Table[{x,y}->Exp[-Norm[{x,y}]],{x,-3,3,.01},{y,-3,3,.01}]; net=NetChain[{32,Tanh,1}]; trained=NetTrain[net,data,BatchSize->1024, TimeGoal->10,TrainingProgressReporting->"Print"] Export[$HomeDirectory<>"/trained.wlnet", trained, "WLNet"]

WriteLineを使って,戻るのを待たずにリモートマシンにコマンドを送る.

評価が終ったらReadStringを使って結果を読み込む.

接続を閉じる.

関連する例

de en fr pt-br zh