webMathematicaについてのQ&A
テクノロジー | 配備と管理 | ライセンス | サポート

テクノロジー

Q:webMathematicaのユーザはMathematicaに精通している必要がありますか?
Webサイトの開発のためにwebMathematicaをご使用になる方は,使いたい演算を実装できるだけの十分なMathematicaの知識が必要です.webMathematicaベースサイトのビジターの方はWebブラウザの操作方法を知っているだけで大丈夫です.
Q:Mathematicaで実行するのと同じ演算をwebMathematicaで実行できますか?
Mathematicaで実行できる演算はすべてwebMathematicaで実行できますが,注意して頂きたい制限が2点あります.まず,webMathematicaを使っているときは,Mathematicaフロントエンドのすべての機能にはアクセスできません.次に,ライセンス規制のため,webMathematicaを使用するときに一部の演算が使えなくなるかもしれません.
Q:webMathematicaで自分のブラウザをWolframノートブックのように機能させることができますか?
webMathematicaはブラウザを通したノートブックシュミレーションは提供しません.しかし,非インタラクティブなフロントエンド機能は利用可能です.将来的にはクライアント側のノートブックフロントエンドをWebを通してwebMathematicaサーバに連結するテクノロジーが可能になります.
Q:webMathematicaに対してどのようなテストが行なわれていますか?
徹底したテストが行われています.Mathematicaや他のWolfram Research製品でも使用された業界最高水準のテスト方法がwebMathematicaでも使用されています.
Q:webMathematicaにはどのようなセキュリティが含まれていますか?
許可されていないMathematicaの演算が実行されるのを防止するためにセキュリティが装備されています.webMathematicaは作成に標準的Webテクノロジーが使用されているため,全面的に標準的セキュリティ方法と互換性があり,ご使用のWebサーバとオペレーティングシステムのセキュリティ機能を最大限に利用します.ドキュメントのセキュリティのセクションで,サイト保護方法についてのいくつかの提案が取り上げられています.
Q:webMathematicaはMathematicaアプリケーションパッケージと互換性がありますか?
はい.しかしwebMathematicaとともに配備するアプリケーションパッケージには特別なWebライセンスを取得する必要があります.詳細はこちらまでお尋ねください.
Q:webMathematicaをデータベースに接続することはできますか?
はい,できます.すべての主要形式でデータベースに接続できる組込みのDatabaseLinkパッケージ,または,Javaデータベーステクノロジーが使用できます.
Q:webMathematicaは既存のJavaコード,Javaスクリプトやアプレットと機能しますか?
はい.webMathematicaは,Java,JavaScript,アプレットを含むほとんどのWebベースプログラムに対応しています.
Q:webMathematicaはグラフィックスを出力できますか?
はい.Flash,PNG,GIF,アニメーションGIF,JPEGを含む多数の形式でグラフィックスを出力することができます.JavaアプレットであるLiveGraphics3Dを使用することで,ご使用のWebブラウザで複数の3Dグラフィックスをインタラクティブに作成し,操作することができます.
Q:webMathematicaはタイプセットされた数式を出力できますか?
はい.画像,SVG,MathML,TeX等として出力できます.
Q:webMathematicaはその他の出力形式をサポートしますか?
はい.Flash,HTML,XHTML,MathML,SVG,PDF,XML,Wolframノートブック,TeX/LaTeXをはじめとして,数百ものデータ・サウンド・画像形式をサポートします.
Q:webMathematicaはXMLをサポートしますか?
webMathematicaは,XHTMLやMathMLのサポートの他,XMLドキュメントのインポート,エキスポート,操作も完全にサポートしています.
Q:WebフォンやPDAはwebMathematicaとインタラクトすることができますか?
Webの利用が可能なデバイスはすべて,webMathematicaサイトにアクセスすることができます.
Q:webMathematicaはシフトJISのような16ビットキャラクターエンコードと機能しますか?
はい,機能します.

配備と管理

Q:webMathematicaサイトを現行バージョンにアップグレードしたいのですが,どうしたらよいのでしょうか?
webMathematica Amateurの最新バージョンの入手をご希望の方は,アップグレードリクエストフォームに必要事項をご記入の上,ご送信ください.webMathematica Professionalにつきましては,こちらまでご連絡ください.
Q:webMathematicaベースのサイトを開発して管理するためにはどの程度の専門知識が必要でしょうか?
webMathematicaベースサイトの管理者は,Javaサーブレットサイトを維持できなくてはなりません.webMathematicaアプリケーションの作成者はHTMLとアプリケーションに必要なMathematicaの機能を知っている必要があります.
Q:webMathematicaベースサイトのユーザは,Webブラウザのプラグインやクライアント側のソフトウェアをインストールする必要がありますか?
いいえ,すべてがサーバ側で処理されます.しかし,インタラクティブなグラフィクスのような付加的な機能をお使いになる場合は,アプレットが必要になるでしょう.
Q:サイトに十分なMathematicaプロセスとはいくつでしょうか?
いくつのMathematicaプロセスが必要かを決定する要因はたくさんあります.重要な要素の1つとして,見込まれるビジター数があります.これと関連して,このようなビジターが実行するであろう評価のタイプも考えなければなりません.もし長い計算が必要ならば,Mathematicaプロセスのプールが使えるようにしておいた方がよいでしょう.しかし,多くのMathematicaプロセスを起動するなら,それぞれのプロセスについて1つのCPUプロセスだけを使うようにするとよいでしょう.
Q:webMathematicaでは一度にいくつの計算が処理できますか?
各webMathematicaセッションでは,お持ちのwebMathematica Controlカーネル数と同じ数だけのリクエストを同時に処理することができます.Additional Computeカーネルを使うと並列タスクの応答時間をスピードアップすることができますが,一度に扱うことのできるユーザリクエストの数には影響しません.
Q:一度にいくつのwebMathematicaセッションを起動することができますか?
お持ちのMathematicaライセンスの数と同じだけのセッションを同時に起動することができます.
Q:より多くのプロセスを利用したら,webMathematicaをより速く実行できますか?
複数のプロセスが1つのCPUプロセスを共有しなくてもよければ,通常ははやく実行できます.しかし,複数のプロセスが1つのCPUプロセスを共有しなければならない場合は,オペレーティングシステムがプロセス間でタスクの切換えをするので,速さが相殺されてしまいます.
Q:webMathematica用のWebサーバが必要ですか?
いいえ,必要ありません.webMathematicaはCGIやJavaサーブレットのようなサービスとして起動します.
Q:WebサーバとwebMathematicaサーバを分けることはできますか?
はい,できます.webMathematicaはお使いのWebサーバと同一のマシンで起動する必要はありません.
Q:WebサーバにwebMathematicaをインストールしなければなりませんか?
いいえ,その必要はありません.webMathematicaセッションはWebサーバに接続している別のコンピュータで起動できます
Q:リクエストは,複数のMathematicaプロセスすべてに送信されますか?
あるリクエストが異なるプロセス間で分けられることはありません.しかしリクエストが受け取られると,次に使用できるMathematicaプロセスに送られます.
Q:Mathematicaをローカルで起動するのに比べて,webMathematicaのパフォーマンスが劣る点は何ですか?
通常のインターネットで起る遅れ以外にはwebMathematicaの使用で劣る点はほとんどありません.初めてwebMathematicaにアクセスしたとき,Mathematicaの起動には通常のスタートアップにかかる時間が必要なので,初めてシステムが起動するときは遅れがあります.Mathematicaはリクエスト間で動きつづけるので,後続のリクエストにはこのような問題はありません.
Q:webMathematicaのパフォーマンスは負荷のレベルとどの程度比例しますか?
CPUやプロセスのスピードや数に正比例します.つまり,同じレベルのパフォーマンスを維持するためには,使用レベルが上がるにつれて,その割合に応じてインストールを決める必要があります.
Q:ISP(インターネットサービスプロバイダ)にwebMathematicaをインストールすることはできますか?
はい,できます.技術的な面でも,ライセンスに関しても不可能なことではありません.
Q:計算に時間がかかりすぎたらどうなりますか?タイムアウトになりますか?
一定の時間が過ぎたら計算を中断あるいは中止するパラメータを設定し,さらにこのような場合にメッセージが返されるようにすることもできます.

ライセンス

Q:現在Mathematicaを持っていたら,webMathematicaにアップグレードできますか?
はい,できます.詳細はこちらまでお問い合せください.
Q:Wolfram Researchのライセンスプログラムの一部としてwebMathematicaを入手することは可能でしょうか?
はい.現行の,あるいは新規のWolfram Researchライセンスプログラムの一部としてwebMathematicaが入手でき,通常ご加入のプログラムと同等のディスカウントが適用されます.すでにライセンスプログラムにご加入の場合は,サイト管理者まで詳細をお尋ねください.新規のライセンスプログラムについてのお問い合せは,こちらまでお問い合せください.
Q:私は学生なのですが,どうしたらwebMathematicaが入手できますか?
Mathematicaライセンスプログラムにご加入の学校にご所属の場合は,学校のコンピュータサービス部にご相談ください.学校に学生が使用できるwebMathematicaがない場合でも,Wolfram Research Student Program grantに申し込むことができます.詳細はこちらでお問い合せください
Q:webMathematicaの使用に何か制限はありますか?
はい,あります.ライセンスページで必要事項や制限事項をご覧ください.
Q:販売パートナー/サービスプロバイダーの者ですが,Mathematicaをオンラインで販売したいと思っています.その際webMathematicaを使うことは可能でしょうか?
そのような目的のための特別なライセンスがあります.詳細に関してはこちらまでお問い合せください.
Q:webMathematicaの現行バージョンは何ですか?
webMathematicaの現行バージョンは3.5です.これより前のバージョンをお持ちで,アップグレードをご希望の方は,次の「webMathematicaの以前のバージョンを持っているのですが,現行バージョンにアップグレードするにはどのようにしたらよいのでしょうか?」をご覧ください.
Q:webMathematicaの以前のバージョンを持っているのですが,現行バージョンにアップグレードするにはどのようにしたらよいのでしょうか?
webMathematica Amateurの場合は,アップグレードリクエストフォームに必要事項をご記入の上ご送信ください.webMathematica Professionalの場合は,こちらまでご連絡ください.

サポート

Q:Webサーバの設定を手伝ってもらえませんか?
ハードウェアとソフトウェアにはさまざまな組合せ方があり,それぞれのWebサイトについての必要条件も異なるため,Wolfram Researchは個々のWebサーバのインストール,設定,管理のサポートは提供できません.webMathematicaユーザガイドには推奨する設定方法が詳細に解説されています.The Apache Software Foundation等のヘルプ情報も参考になります.
Q:Wolfram ResearchはwebMathematica に関するコンサルティングをしていますか?
はい.詳細はconsulting@wolfram.comまでお問い合わせください.外部のコンサルタントもご利用いただけます.
Q:Wolfram ResearchはwebMathematica Professionalのサービス契約を提供していますか?
はい,提供しています.Premier ServiceではMathematicaJ/LinkwebMathematicaテクニカルサポートがカバーされます.
Q:webMathematica Amateurにもそのようなサービスがありますか?
Wolfram Researchのテクニカルサポート部ではwebMathematica Amateurのインストールサポートのみ提供しています.
en es