Wolfram言語

  • グラフでCalloutのフルパワーが使えるようになった.
  • 点にラベルを付ける際には,ラベルのサイズと使用可能なスペースを考慮して内容が重ならないようにする.
  • 曲線の自動のラベル付け機能が向上して,交点やその他の曖昧な場所を避けるようになった.
  • プロット内の領域の内側や境界にラベルを付ける.
  • パラメータ化された曲面にラベルやコールアウトを付ける.
  • ラベルの大きさを制御することで,ラベルの密度を調整する.
  • ラベルに個別の重みを加え,どの要素にラベルが付けられるかに影響を与える.
  • 多くの要素があるシーンのラベル付けにおけるパフォーマンスが向上した.

関連する例

関連関数

関連するガイド

12の新機能の関連項目

en