Wolfram言語

音声認識機能を使って楽器を分類する

Classifyのような高レベル機械学習関数はどれも,特徴抽出にAudioIdentifyで使われるネットの変形を利用する.このことは,最小限のユーザ入力で強力な音声分類子と音声予測子が作成できることを意味する.この例では,Webからさまざまな楽器のサンプルを集め,それらを分類する.

WebAudioSearchを使って,ギター,ドラム,トランペットのサンプルをいくつか集める.

データを訓練と検証の部分集合に分ける.

音声の録音をギター,トランペット,ドラムのいずれかとして分類するClassifierFunctionを構築する.

ClassifierMeasurementsを使って,検証集合についての分類レポートを表示する.

関連する例

en