Wolfram言語

テイラー(Taylor)級数近似を計算する(AsymptoticRSolveValue)

線形常差分方程式は,無限遠()が通常点である場合,形式 のテイラー級数展開で近似することができる.この例ではAsymptoticRSolveValueを使ってこの近似を得る方法を説明する.一般解の任意定数を変化させることで異なる解が得られる.

無限遠(Infinity)が通常点である線形常差分方程式のテイラー級数解.

任意の定数のさまざまな値に対する解をプロットする.

関連する例

en