Wolfram Computation Meets Knowledge

Wolfram言語:
プログラミングの基本

次の言語の注意事項を表示:
すべてのセクション 
  • Wolfram言語について
  • 次の言語の注意事項を表示:
  • Javaの注意事項を表示
  • Pythonの注意事項を表示
  • 注意事項を隠す
使い始めましょう

連想 ビデオバージョン

Javaプログラマー向けの注意事項

Wolfram言語のAssociationはJavaのMapHashMapと似ていますが,Associationの方がシンタックスが読みやすく,柔軟な使い方が可能です.

Pythonプログラマー向けの注意事項

Wolfram言語のAssociationはPythonの辞書と同様に動作します.Associationを使うと,何百万の要素があっても,非常に効率的な検索と更新の機能を使ってキーと値を関連付けることができます.また,PythonのOrderedDictのような特化されたデータ構造を使わなくても要素の挿入順序が保たれます.Wolfram Client Library for PythonでPythonのコーディングを行う場合,dictOrderedDictSeriesPandasライブラリ)等のクラスは,Associationにシリアライズします.

Associationはキーと値を関連付けます:
(→は->を使ってタイプします.)

In[1]:=1
<|"a" -> x, "b" -> y|>
Out[1]=1

(連想のキーは文字列である必要はありませんが,多くの場合文字列です.)

キーに連想を適用すると,対応する値が与えられます:

In[2]:=2
%["a"]
Out[2]=2

純関数では,#key を使うと,連想の"key"に対応する値が取り出されます:

In[1]:=1
{#b, 1+#b} & [<|"a"->x, "b" -> y |>]
Out[1]=1

連想とリストを組み合せ,[[ ... ]]を使ってその一部を取り出すことができます:

In[1]:=1
<|"a" -> x, "b" -> {5, 6}|>[["b", 1]]
Out[1]=1

文字列テンプレートでも連想が使えます.XMLテンプレートやノートブックテンプレートでも同様に使えます:

In[1]:=1
TemplateApply["first `a`; second `b`; first `a`", <|"a" -> x, "b" -> y|>]
Out[1]=1

参照:連想


連想<|"names" {"john", "ann"}, "numbers" {2, 3}|>において,"names"要素を与えないのは以下のうちのどれでしょうか?


連想x=<|"cat" <|"vet" "Eve", "age" 5|>, "dog" <|"vet" "Abe", "age" 4|>|>における猫の年齢を抽出するのは,以下のうちのどれでしょうか?


連想meal=<|"appetizer" "nachos", "salad" "spinach", "dessert" "chocolate"|>から前菜とデザートを含む文字列を生成するテンプレートに適用されるのは,以下のうちのどれでしょうか?

© 2021 Wolfram. All rights reserved.