Wolfram Computation Meets Knowledge

Wolfram言語:
プログラミングの基本

次の言語の注意事項を表示:
すべてのセクション 
  • Wolfram言語について
  • 次の言語の注意事項を表示:
  • Javaの注意事項を表示
  • Pythonの注意事項を表示
  • 注意事項を隠す
使い始めましょう

記号を使った式 ビデオバージョン

Wolfram言語では,すべてが記号を使った式です.

Javaプログラマー向けの注意事項

記号式は,一様な木構造でデータを表現するという非常に一般的な方法を提供します.記号式を使うとプログラミングがとても柔軟になるため,構造とコンテンツの両方が操作できるようになります.Javaには記号的機能がありませんが,基本的な機能はサードパーティのライブラリで利用できる場合もあります.

Pythonプログラマー向けの注意事項

Wolfram言語の記号式は,一様な木構造でデータを表現するという非常に一般的な方法を提供します.記号式を使うとプログラミングがとても柔軟になるため,構造とコンテンツの両方が操作できるようになります.Pythonには組込みの記号的機能はありませんが,Wolfram Client Library for Pythonlanguage.wlexprを使うと,PythonでWolframの記号的シンタックスを持つ任意の式を構築することができます.

記号を使った式はすべて,「head[引数]」という構造を持ちます:

Javaプログラマー向けの注意事項

式の「頭部」はデータ型あるいは表現されている操作を特定します.静的にタイプされるJavaとは異なり,Wolfram言語の式の頭部は,評価中に変化することがあります.

Pythonプログラマー向けの注意事項

Wolfram言語の式の「頭部」はデータ型あるいは表現されている操作を特定し,評価中に変化することがあります.Pythonのオブジェクトはどれも,変化できない「クラス」が宣言されています.


関数の引数として,どのような記号を使った式でも取ることができます:

In[1]:=1
EdgeDetect[\!\(\* Graphics3DBox[SphereBox[{0, 0, 0}], ImageSize->{101.28125, Automatic}, ViewPoint->{1.3380550962130968`, -2.4157167423337023`, 1.9554848964660412`}, ViewVertical->{0.010787606954750626`, -0.012563066244060768`, 0.9998628890516625}]\)]
Out[1]=1

Wolfram言語は完全に記号的なので,未定義の変数は常にそれ自身を表します:

In[1]:=1
x
Out[1]=1

Javaプログラマー向けの注意事項

初期化されていないJavaのオブジェクトやプリミティブは,通常デフォルト値のnull0falseのいずれかを取ります.このような変数を使おうとすることで,NullPointerExceptionまたは他のエラーが投げられてしまう可能性があります.

Pythonプログラマー向けの注意事項

Wolfram言語の記号式により,プログラマーは計算の中で未定義の変数を記号としてシームレスに使えるようになります.Pythonでは,何も割り当てられていない変数は「未定義」とみなされます.未定義の変数を使おうとするとNameErrorが発生します.


FullFormは常に内部構造を表示します.
Headは常に頭部を与え,Lengthは引数の数を与えます.


© 2021 Wolfram. All rights reserved.