Wolfram Computation Meets Knowledge

Wolfram言語:
プログラミングの基本

次の言語の注意事項を表示:
すべてのセクション 
  • Wolfram言語について
  • 次の言語の注意事項を表示:
  • Javaの注意事項を表示
  • Pythonの注意事項を表示
  • 注意事項を隠す
使い始めましょう

反復子 ビデオバージョン

Javaプログラマー向けの注意事項

Wolfram言語の反復子表記では,反復操作に必要なコードが少なくて済むので,JavaのIteratorインターフェースとは異なります.通常これらの反復は,Javaでループが必要なタスクに使われます.

最初の10個の平方のリストを作成します:

In[1]:=1
Table[x^2, {x, 10}]
Out[1]=1

Wolfram言語の関数の多くでは, 「下限, 上限,刻み幅」という 標準的な反復子指定が使われます:

In[2]:=2
Table[f[x], {x, 4, 20, 2}]
Out[2]=2

Javaプログラマー向けの注意事項

Javaではこのような反復操作には, forwhileのループが必要です.


反復子は,明示的な値のリストだけで指定することもできます:

In[3]:=3
Table[f[x], {x, {5, 10, 20, 10, 5}}]
Out[3]=3

Javaプログラマー向けの注意事項

このTableの使い方は,foreach構造を使ってJavaの配列や集合を反復することと似ています.

Pythonプログラマー向けの注意事項

このTableの使い方は,Pythonのリスト内包構造[... for ... in ...]を使うことと似ていますが,前者の方が豊かなセマンティックスを備えています.




この例では,ネストされたリストが作成されます:

In[1]:=1
Table[i/j,{i,4},{j,2}]
Out[1]=1

次のうちのどれを評価したら,最初の20個の数のリストが作成されるでしょうか?


Table[f[x], {x, {3, 4, 6}}]によって生成されるリストの最初の要素は何でしょうか?


下のうちのどれを評価すると平方のリスト{1, 4, 9, 16}になるでしょうか?

© 2021 Wolfram. All rights reserved.