Wolfram Computation Meets Knowledge

Wolfram言語:
プログラミングの基本

次の言語の注意事項を表示:
すべてのセクション 
  • Wolfram言語について
  • 次の言語の注意事項を表示:
  • Javaの注意事項を表示
  • Pythonの注意事項を表示
  • 注意事項を隠す
使い始めましょう

グラフィックス ビデオバージョン

Wolfram言語では,さまざまな種類のデータを取りそれを可視化することが簡単にできます:

In[1]:=1
ListLinePlot[{5, 6, 1, 5, 7, 8, 1, 3}]
Out[1]=1

In[2]:=2
Graph[{1 -> 3, 1 -> 2, 2 -> 4, 4 -> 5, 5 -> 1}]
Out[2]=2

Javaプログラマー向けの注意事項

グラフィックスの機能はWolfram言語に統合されています.Javaでグラフィックスを作成するためには,SwingAWT等のGUIライブラリでカスタムコードを書くか,JFreeChart等のサードパーティのライブラリを使うかしなければなりません.

Javaプログラマー向けの注意事項

Wolfram言語のグラフィックスはノートブック内にインラインで表示されるので,結果を表示するために別のGUIは必要ありません.

Pythonプログラマー向けの注意事項

グラフィックスの機能はWolfram言語に統合されており,Wolframノートブックで直接表示され,入力として使うこともできます.Pythonではテキストの入力しかできません.Pythonでグラフィックスを表示するためには,Jupyter等のサードパーティのノートブックライブラリとmatplotlib等のグラフィックスライブラリが必要です.


グラフィックスは指示子かスタイルを使って,記号式として表されます:

In[3]:=3
Graphics[{Orange, Disk[{0, 0}], Opacity[.7], Pink, Disk[{1, 0}]}]
Out[3]=3

In[4]:=4
Graphics[{Style[Disk[{0, 0}], Orange], Opacity[.7], Pink, Disk[{1, 0}]}]
Out[4]=4

参照:グラフィックスと可視化


可視化関数は多数のオプションを取ります.
PlotThemeを使うと全体的なテーマが選べます.


オレンジ色の円が描画できるのは,以下のうちのどれでしょうか?


下のうち,組込み関数のListLinePlotを使って生成されたものはどれでしょうか?


以下のうち,緑色の円板が生成されないものはどれでしょうか?

© 2021 Wolfram. All rights reserved.