Wolfram Computation Meets Knowledge

Wolfram言語:
プログラミングの基本

次の言語の注意事項を表示:
すべてのセクション 
  • Wolfram言語について
  • 次の言語の注意事項を表示:
  • Javaの注意事項を表示
  • Pythonの注意事項を表示
  • 注意事項を隠す
使い始めましょう

セッション管理 ビデオバージョン

Javaプログラマー向けの注意事項

Wolfram言語とは異なり,Javaはコンパイル型言語なのでここで説明するようなインタラクティブなコード作成や検証はできません.

%は最後に出た結果を表し,%n は結果Out[n]を表します.

Pythonプログラマー向けの注意事項

Wolfram言語の%はIPythonの%あるいは%%に似ていますが,IPythonはデフォルトのPythonとは別にインストールしなければなりません.さらに,%nは別のコード内ですぐに計算に使ったり,操作したりすることができますが,IPythonではこれはできません.

CMD+Lを使うと,最後の入力を現在の入力にコピーできます.


行の最後に;を使うと,出力が表示されません:

In[1]:=1
t=Sunset[];

Pythonプログラマー向けの注意事項

Wolfram言語のセミコロンは,行を終える他,出力の表示を抑制します.


それでも%は使えます:

In[2]:=2
%
Out[2]=2

Use Shortを使うと,出力が省略されて短くなります:

In[1]:=1
Short[Range[1000]]
Out[1]=1

//関数」を使うと,関数が最後に適用されます:

In[2]:=2
Range[1000]//Short
Out[2]=2

計算を放棄したい場合は,メニュー項目の「評価を放棄」を選ぶか,CMD+. (Mac)またはALT+.(その他)を押すかします.


© 2021 Wolfram. All rights reserved.